2009年6月21日 (日)

フィリッピンの竹

Simg_0579_5 フィリッピンでの庶民の生活と密接なかかわりを持つ竹。

日本の竹文化には素晴らしいものがあるが、人々の暮らしと竹製品の関わりがこれほど心和ませるところも珍しいのではないでしょうか。

全世界の竹林面積の80%がアジア地域に集中していると言うことなんだそうです。

竹はアジア地域に共通する資源であり,素材であり,道具であって,その特徴的な文化とくらしのスタイルの要因のひとつに他ならないんだねえ。

Simg_0351_2近年はアジア各地域でも,経済や社会生活のグローバル化の急激な進展とともに、各地域の民族や文化によって永い間、培われ使用され続けてきた各地域固有の竹製品が急速に失われつつあるそうですよ。

まあここフィリッピンの地方においてはしばらくは生活と切り離せないもののように思われます

 

Simg_0357竹は資源循環に優れ廃棄しても環境負荷の少ない素材として,特に竹の自生しない欧米を中心に注目されはじめているってことだそうです

ティファニーグッチなどのブランドメーカーが竹製のバッグをコレクションとして発表した事例も報告されておるな。

Simg_0363国内においても、高級なフロアー材家具としても再認識されています。

またぞろ、乱伐にならなければ良いですが、ちょっとブームが起こると火が付いたようにやりますからねえ。

喜多俊之やコシノジュンコなど国際的に活躍するデザイナーが竹編組製品のインテリア照明や、その他のファッションアイテムなども発表していると報じています。

Simg_0365_3そんな有名なデザイナーに匹敵する「名もない島の芸術家」ここフィリッピンの島々にはわんさかいるんですがねえ。

しかしアジアのアイデンティティーとしての文化的付加価 値を見出そうとする展開が始まっていることは喜ばしいことです。

竹製品は、アジアの各地域の独特で多様な造形性をその技法とともに伝承している民族や、文化に固有のデザインや感性の一つとして再認識されつつあるということなんでしょう。

いずれにしても、いつまでも自然との関わりを大切に暮ら して生きたいものです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

こんにゃく

千年以上も前から、我々日本人はこんにゃくを好んで食べています。
この伝統食品はおでん、すき焼き、煮物など季節をとわずヘルシーな日常の食材として用いられています。

041特別に大好きといった人は少ないかも知れないけど嫌いな人もごくわずかだと思います。冬のこの時期、ぐつぐつ煮込んだ「おでんのこんにゃく」はとてもうまいな。

このこんにゃく粉の輸入量が、昨年4月から12月までに前年の輸入量をおおきく上回り3倍ちかくの260トンを超えたんだそうです。

それで日本政府は、「輸入量が国の定める基準を超えた」ことから別セーフガード緊急輸入制限措置なるものを発動しました。農産物では初めての セーフガード発動だということです

040これは輸入関税を1キロあたり2800円から、約1000円も引き上げることになるんだそうです。

いっきに輸入量の増えたおもな原因は「ミャンマー」からの輸入量が目立って多くなったのが主原因だということのようです。

後発開発途上国(LDC)であるミャンマーからは以前は品質が悪いということもあって 輸入する業者もなかったんだそうです。ところが。

037品質の良いものを作れば日本が買ってくれるというのでミャンマーのお百姓さんは一生懸命に品質向上に取り組んだということなんだそうですが、この措置で日本向けこんにゃくの輸出が落ち込むと気の毒な気がしますねえ。

えっ、じゃあ国内産はどうなんかという声も聞こえてきますが国内産は品質が各段によくてね、お刺身で戴いても結構なお味でして、高値がついていますから輸入ものとは比較にならない値段で取引されています。

ちなみに日本向けこんにゃく粉の輸出量の多い国の2番目は中国なんだそうだけれども。
国の民主化を求め、今も「非暴力民主化運動」を掲げ戦い続けている「アウンサン・スゥチー」さんの国に、おもいいれるのはこの爺さんだけではないでしょう。

043_3発展途上国の国民に経済力がついてきて、教育面が向上してくるとともに民主化が醸成されてきます。

発展途上国にとっても、世界の仲間たちにとっても、とてもいいことなんだけどねえ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

限界集落と棚田

現在日本には人口に占める高齢者の割合が半数を超える集落が7800あまりあるんだそうですDsc05031_2 

私が暮らす鳥取の山間にもそのような集落が存在します。

中には80%以上が高齢者といった集落もあります。実に寂しい限りですねえ。

息子たちは都会に出てしまって、年老いたお爺ちゃんとお婆ちゃんだけが残っていて、村の共同作業などもできず、地域社会の維持が困難な状態にある集落を限界集落というんだそうです。

しかしまだ住み馴れた山里を捨ててしまうことができず、年老いた人々が自然とともに一生懸命に命をつないでいるのです。意味はよくわかるが、よくもまあ「限界集落」とは言ってくれますなあ。

高度経済成長時代に多くの若者が、日の丸の旗を掲げた就職列車にのって都会へ出てゆき、今の日本の基を築いてきました。
若者に夢を託し、山深い故郷の田や畑を維持し山を護ってきた人たちが今、高齢に達してなお山間地で暮らしているのです。

市町村合併で山の中の集落でも地区名は「○○市△町」、郵便物はもとよりちょっとした使い物までやってくれた「郵便さん」は今じゃ民間会社、少子化で学校は統廃合して数十キロ離れてしまった。不便でさびしくて厳しい現実に直面しながら生活しています。せめて呼び方くらいは気使ってあげてはどうかと思うのですがねえ。Dsc05015_2

都会のほうでは、やれ交差点が不便だといっては何億円もかけて改良します。人口の少ない中山間で暮らす人々も国民の一人なのです。山郷で暮らすお年寄りたちにも政治の手厚い援助をお願いしたいですな。

またぞろ中央では総理大臣候補がたくさん良いことを掲げていらっしゃいますから期待しましょう。集落も「限界」じゃなくて希望を持って生きられるように「希望集落」なんていうのはどうかなあ。 Dsc05019_2

今日は県境に程近い集落の営む農地、棚田の存続を応援する「棚田オーナー」さんたちを交えて稲刈りだったそうです。
稲刈りがすんで昼食会のところに出くわした。遠いところでは千葉県からいらっしゃった方がいた。


Dsc05021_2 やはりここでも俄か仲間入りを勧められていつもの「いやいや、どうもどうも」で仲間入り(爆)。
いい日和で和やかで、とても癒された一日でしたな。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

二百十日と下水道の日

中学生だったころ、農家だった実家はまだ汲み取り式のトイレだった。
私は、母の手伝いでよく便所の汲み取りを手伝っていたが正直、とても辛い仕事でしたナ。
ある日の日曜日、汲み取り仕事の手伝いの真っ最中に駅前で食堂を営む家の女の子達数人が突然、家に遊びにやってきた。

バツが悪くて穴でもあったら入りたかった(笑)。「田舎の香水よ。気にすることないじゃん!」と慰めてくれた優しい娘がいたな。

有機農業は素晴らしいなんて言って理念には共感するのでしょうが、現実には非常に大変なことであります。

今年度版の環境白書で、江戸の都市はし尿や生ごみといった有機物が農村で肥料として土に返り、都市に残留することなく循環型社会が形成されていたと強調しています。

中世ヨーロッパのコレラやペストなどのように、伝染病なども少なく衛生的な社会生活をしていたと書いています。し尿を利用した肥料は、最も豊かで有効な方法であり、東洋の循環を礼讃されてよいものだね。

現在ではこうした循環は下水道が担うようになっています。下水道法の整備がなされ、高度経済成長期からは本格的に下水道整備が日本全国で行われました。

農村でも下水道整備が進み、多くは水洗トイレを使用して住環境もずいぶん改善されています。下水処理した汚泥から肥料も作られています。
いま、さまざまな分野で新たな循環型社会が飛躍的に発展しているようです。

今日は台風が最も多いとされる「二百十日」、雨水の浸水対策の役割を担う「下水道の日」でもあります。

ゲリラ豪雨なる新語もできた水害の発生も頻繁になっていますが「豊かな実りの秋」であってほしいものです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

フィリッピンの子育て

Dsc01100フィリッピンの街を歩いていて横町をのぞくと、表現は悪いがまさにうじゃうじゃと表現するほどのたくさんの子供達が遊んでいる。団塊の世代に生まれた私たちの日本の戦後間もなくの昭和20年代の頃を彷彿とさせ限りなく郷愁を感じます。

フィリッピン人の子供好きには驚嘆に値します。子供の洗礼式や入学式などだったりすると、会社の事情などおかまいなしに休む。それを責めたりなどしたら逆に人格を疑われ退職も辞さないのだから恐れ入ります。

Dsc01099そんな事だから子供のすることは、ほとんど何でも許される。公共の場で走り回ったり大声を出しても「子供だから」と理解してやらなければいけないのだ。まさにベビーギャングの集団なのだが、それを見ている親が厳しく叱るなんて言うのは見かけたことがない。いったいこの国の躾教育はどうなっているんだろう、と何度首をかしげたことだろう。

Dsc01737しかしながら、この子供時代が優しさと奔放な甘えに満ち、ホスピタルティー豊かなフィリピーノを育てるコツなのかもしれないナ。どんなに頭に来てもけっして怒鳴ったりせず、じっと笑顔で接しながら子育てをしている。

大勢の子どもたちがいたづらをしているからといって、叱ったりすると子供たちの親から恨みをかい近所付き合いまで台無しにしてしまいます。なにしろフィリッピン人は「スーパー子煩悩」人種なのである。

30年近くフィリピンに往来していても、この子育ての原理なるものは理解できていません。しかし時々日本のご家庭の様子などに接するときに感じることは、こういうのも間違ってはいないのかも知れないなと感じるときがあります。

Dsc02260 フィリッピンでは貧しくて学校に通うことができない子はあっても登校拒否する子供などはまずありません。学校へ行って勉強がしたくてたまらないのです。だから校内暴力なんてこともないんだな。日本で時折、ニュースで伝えられる親殺し、子殺し、児童虐待などといったことは聞いたことがない。

ファミリーはみんな幸せなのです。ファミリーのためには自分を犠牲にして尽くそうとします。フィリピンの子供たちは貧しくとも底ぬけに明るくたくましく育ってゆきます。
この国では、富や利便さが子供を育てるのではなく、愛が子供を育てているのだと言うことを実感します

【今日のタガログ】
         日 本 語: どこへ行くの?
         タガログ発音: サアン  カ ププンタ      
         タガログ語 : Saan  ka  pupunta.?            

爺さんブログ今回もお読み頂きありがとうございます。また次回ご愛読いただきますようお待ち致しております。
気力体力の衰えをつとに感じておりますが頑張ってやっております。右サイドバーに設けた、ブログ村サプリのボタンちょっと
押して頂くと元気が出てまいります(笑)⇒

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

盂蘭盆会

日本全国、どこもお盆の行事で、忙しくもありまた楽しくもあり、皆さんたいへんな様子です。

Dsc04930毎年お墓掃除から始まって、地域のお盆の行事、都会からの帰省客の往来、高校野球の応援、今年はお盆のさ中にスポーツの祭典オリンピック北京で行われています。 日本選手も連日熱い戦いを繰り広げていますから、日夜テレビ観戦します。

休暇を利用して国内旅行、外国旅行組も多いDsc04932ですな。皆それぞれの夏をすごします「暑いね、この暑さにはウンザリ!」と言いながらも若者たちが解放的な気分になるのもなるのもお盆の時期の夏だね.

私は今年のお盆は特別な思いで過ごしました。去年の夏、最愛の母を亡くして「初盆」でありましたから・・・。お供Dsc04938に母の好きだった鳥取の二十世紀梨を求めて、いつも行く峠の麓にある梨の直売所に立ち寄った。

二十世紀梨は盆明けからの収穫ですから、今の時期に美味しい「幸水」で我慢してもらうことにした。直売している北尾のおっちゃんが一つ味見に剥いてくれた、もうひと組のお客と分けていただいた。甘さもDsc04950_2瑞々しさも十分でとても美味しい。

「ありがとう!ブログに載せるから写真撮って行くよ。」と表に出たら「途中で食ってくれろ!まだちょっと皮が固いが二十世紀だからナ!」。

Dsc04980早速、峠の頂上の茶屋の一角から湧き出る「黒尾峠の名水」で冷やして食べた、正しくブランド「鳥取の二十世紀」は美味かった。脇にある堀で、気配を察した大きな鯉がバシャ!、口を水面にむけて催促のようすに、かじって少しおすそ分けだ。鯉も梨は好きなようで すな(笑)。

Dsc04983

車で2時間足らず走って、すっかりお盆の用意のすんだ実家に帰ると、父が自慢の手造りの庭に水やりをしておりました。「アレ(母のこと)が好きだったサルスベリの花が、今年はよう咲いとる。」とポツリ。

夕方、縁側の踏み石の前で、盂蘭盆会の初日の「迎え火をして祖先の精霊を お迎えしました。

お盆のこの日、今に生きる我々は「祖先に感謝し、故人の冥福を祈る心を忘れてはいけない。」との思いを新たに致しましたな。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

しゃんしゃん祭り

鳥取駅前に置かれたしゃんしゃん祭りのシンボル「雄傘」と「雌傘」の山車。Dsc04806_10 

                今ではすっかり市民の祭りとして定着した「鳥取しゃんしゃん祭り」は鳥取の夏の風物詩として全国的にも広く知られる祭りとなっている。8月9日(土)10日の二日間にわたり、全国からの観光客も迎えて44回目となる今年もたいへんな盛り上がりを見せた。

Dsc04745 この祭りは昭和36年ごろから行われている市内の聖神社(ひじりじんじゃ)と大森神社の例祭が起源です。当初は市中パレードのようなもので盛り上がりに欠き、市民参加の機会のないものだったが昭和40年の祭りからは一変し今の市民参加型のとても賑やかな祭りになりました。

大きな花傘を回して踊る傘踊りは、鳥取県東部地方に古くから伝わる「雨乞いの奉納祭事」だったものを誰でも簡単に踊れるようにアレンジし大衆化したものなのです。

Dsc04711 カラフルな花笠をたくさん付けて、くるくる回しながら鈴の音が「しゃん!しゃん!」と鳴る様と、全国でも例をみない県庁所在地に温泉が「シャン!、シャン!」と湧き出でることからこの名の由来になりました。今では商工会に名を連ねる企業、官公庁、全国からの一般参加グループまで踊り子約4千数百人が揃いの浴衣姿で、夏の夜の目抜き通りを鈴の音をリズミカルに響かせながら舞い踊ります。

Dsc04725 近年、以前は盆のさ中に行われていた「花火大会」もお盆真近の土曜日、日曜日に「しゃんしゃん祭り」と連日で行うようになりました。しばらくぶりの祭り見学だったが、大勢のそぞろ歩きの家族連れに混じり、外人観光客の姿もたくさん見かけるほどの大祭りになっています。この日沿道に詰めかけた観客約13万9000人(主催者発表)が、暑さも忘れるほどの華やかな傘の舞に魅了された。

神社の祭りはもともと農耕民族が神に収穫の御礼や、また供物を捧げて五穀豊穣を願うのが起源だといいます。祭りを見ての帰り道、ふと考えさせられた。水田農業を柱とした日本の農業を復興させ、すぐれた日本の食文化をまもっていく強い意識が「食糧自給率回復」の決め手になるのではないだろうかと。

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

Dsc04670 山陰地方も、真夏の暑い日が続きます。街を歩くサラリーマンもネクタイをしていないクールビズスタイルが多いな。用事で立ち寄った県庁舎ビルも、地球温暖化の対策に少しでも貢献しようと温度設定も高めにしている。一般家庭ではよしずをかけて、直射日光をさえぎる工夫をしているものも見かける。

Dsc04676昔は「打ち水」をしたり「行水」などをして涼をとったものだがこう暑くては打ち水程度では焼け石に水だねえ。 こう言う時には昼寝に限る。かつての農村の生活リズムは朝は早く起きて涼しいうちに朝飯前のひと仕事。昼飯のあとは少しばかり昼寝する、夕方涼しくなってからまた野良仕事というフレックスタイムだったな。

Dsc04697だから昼寝時分に農家を訪問するのは嫌われた。暑い夏でも障子(しょうじ)を開けておけば家の中は心地よい風がわたるんだ。 だいたいに造りが風の通りを良くするように考えられていたのではないだろうか今ではエアコンを入れ気密性の高い家を競って建てているように思えます。

徒然草』にある記述。「家のつくりやうは、夏をむねとすべし。冬はいかなるところにも住まる。暑き頃わろき住居は、耐へがたき事なりとあるがそのとおりだね。

Dsc04701 今日の山陰地方、暑さ耐えがたきものであったが先刻、1時間余り夕立ちがあった。
巨大なバケツで打ち水したかの如く、一時、涼しくなって生き戻ったような気分になり、夕方の散歩を愉しんだ。    雨上がりの夕焼けが、暮れなずむ空を茜色に染めていた。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

オカマの友人

芸  名  ルース 
居住地区
 フィリッピン GMA,Cavite
年  齢 
 33歳
職  業
 : ダンス教師(オカマ)

20061140088 2006年1月、仕事でフィリッピン・ルソン島中部の都市にある会社を訪ねたときのこと。まずルソン島南部カビテに住むの古くからの友人宅を訪ねた。翌日、友人家族を招待し、魚介類を市場で買うと、すぐ近くに郷土料理にしてくれるレストランが軒を連ねて営業している。たくさんの外国人観光客の客引きをしている人たちは、すぐにそれと判る「オカマ」さん達である。

20061140094 フィリピンでオカマのことをバクラ(Bkura)と言います。性別にはレッキとした男だが非常に女性っぽくて「いい女?」も多いな。中には全くあとから気がついたなどと言う素晴らしいオカマさんもいます。そういうオカマさんのうちでも、田舎街や村にいるオカマさん達はもっと身近で親しみやすいな。

20061140127 彼女?(彼)たちは社会からも広く認知されていてフィリッピンの一般社会に溶け込んで生活しています。多くの場合オカマさん達は、働き者でコミカルなキャラクターを持ち、辛口でおしゃべり上手だし「とても面白いヒト」として親しまれています。じめじめした日陰者もののような雰囲気はまるでありません。もちろん恋人には男性を選びますが、ややこしいのは家庭をもっていて妻子があって、職業が「オカマ」と言うのもあります。(笑)

20061140117 会社を訪問するときに私を現地案内していただいた方、友人宅の近くに住んでいて、妻子のある「職業オカマさん」でダンスの教師をしている。「ルース」さんという方で、訪問先がこの方の出身地で土地の事情に明るいということで案内をお願いした。

車で約6時間の旅だ。行く先々で非常に手際よく案内していただき、先方との会見予約やらホテルの手配までしてくれました。お陰で商談も首尾よくまとまり、ルースさんの実家にも招かれて、とてもいい旅の印象がいまも忘れられません。

ヌエバエシハ州の街はずれにあった貧しいけれど、おかし味があって楽しそうな家庭のようすだったな。ルースさんには3人の子供がいる、帰り際、オカマで女装のルースさんにパパまた早く帰ってきてね。」と子ども達が手を振った。

以来私は「オカマさん」に対する偏見は一切なくなり、好ましいほどの感情で話しかけるようになりましたね。ルースさんから時々絵葉書で南国の便りが届きます。

【今日のタガログ】 参考文献 日本地域社会研究所 フィリッピン語日本語実用辞典 市川恭二編         日 本 語 : 私の名前はルースです。
タガログ発音 : ルース  アン  パガラーン  コ         パガラーン 
タガログ語  : Ruse  ang  pangalan  ko.     名前-pangalan       

爺さんブログ今回もお読み頂きありがとうございますまた次回もご愛読いただきますようお待ち致しております。気力体力の衰えをつとに感じておりますが頑張ってやっております。右サイドバーに設けた、ブログ村のサプリボタンちょっと押して頂くと元気が出てまいります(笑)⇒⇒

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2008年7月31日 (木)

南国の果実・ランサット

また美味しい、滋味で不思議な味覚の南国フルーツ・ランサットを紹介します。

和    名    ランサ          (英名カタカナ表示
英   名 
: ランサット
又はランサ (Langsat)
タガログ語名
 ランソーネス        (Lansones)

マレーシア原産で熱帯・亜熱帯で生育するセンダン科の中高木(5~10m)。
高温多湿で水はけのよい土壌でよく育つ。フィリッピンでは古くからココ椰子畑を区切るように植えているところが多い。木の成長は緩く結実までに数年かかりよく言う「桃栗3年、柿8年」の中ほどで、5年は要するのではあるまいか。

Picture_268 果実は木の枝先にピンポン玉ぐらいの大きさでブドウの房状に20粒位がびっしり実をつける。皮をむくと半透明光沢のある果肉が蜜柑のように5つに分れて入っていて、それぞれに種がある。

サッパリとした甘酸っぱさでプリプリとした歯ざわりです。加えて微妙な苦みを含んでいてこれがいわゆる滋味と言うほどの秀逸な果実なのです。これもやはり丘陵地や平地、土壌の違いなどにより微妙な特徴があります。私にはこの果実は、精神に伝わる何かをもちその糧となりえる、五感を超えた味わいを持つ果実のように思えます。

形も球形から少し楕円がかった種類もあり、味覚の多様さがさらに趣を加味して、はまり込む不思議な熱帯果実なのです。セブ島ボホールミンドロ島ミンダナオ島などフィリッピン各地で食したかぎりでは、収穫期にも多少のずれがあるのですがルソン島南部地方バタンガス市ハイウェー沿いの店でいただいたランソーネスはとても美味しかったな。その店は果物の店ではなくココナツでつくるブコパイで有名な店先で売っていたものだった。

南国の美味、滋味合わせ持つこのフルーツ、食す時にやはり気をつけなければいけないことがある。

Picture_269 薄い皮は爪で切り込みをつけるとつるりと剥がれむきやすいのだが、皮にはタンニンが含まれていて爪の間や指先の指紋にまで付着する。時間とともに茶色のシブになって頑固にこびりついてしまいます。

石鹸などで強く洗っても2~3日は消えませんな。この皮には非常に強い毒素が含まれていて、その毒を抽出して毒矢をつくっていたそうだから驚きますね。毒は特殊な方法で抽出するのだろうが乾燥させた皮を燃やして、くゆらせた煙はキンチョール」に匹敵するほどの防虫効果があるんだそうです。

毒と薬は紙一重と言いますが、何によらず利用の仕方によっては、たいへんな事になると言うことなのですな。

【今日のタガログ】 参考文献 【日本地域社会研究所 市川恭治編フィリッピン語実用辞典】   

   日 本 語 :   ランサソーネスが食べたいです。 
   タガログ発音 :   ぐすと こン くまーいん なン らんそねす。
   タガログ語  :   Gusuto  kong  kumain     ng  Lansones.  

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

フーテンの正やんと蓮の花

芸 名   : 二輪正次郎

居住地区 :  鳥取市山間地
年 齢    :  65歳前後
徘徊地区 :  駅周辺
職   業  : 無   職

526 毎朝の散歩コースの駅裏ベンチに、朝の7時半前後に判で押したように現れる男。人呼んで「フーテンの正やん」人懐っこい笑みを浮かべてコックリ挨拶する。近頃は灰皿の設置しているベンチでぼんやり二人して一服やるのが習慣になった。ある日の朝、黙って煙草をもたげて勧めたら、手刀をきって1本抜き出し旨そうに吸ったのが縁だ。

533正やんは1日中飽きもせずただぼんやりベンチに座っている。フーテンの寅さんのように明るいキャラクターではないが暗い感じはない。小柄でひ弱そうに見えるが足取りもしっかりしていて、毎朝オンボロ自転車で30分もかけて山合いの間借りした部屋から出向いて来る。

535少し離れたところに兄弟が住んでいるが、理由(わけ)あって付き合いはなく家族もないそうだ。

午前中に降っていた雨があがった昼下がり、正やんを誘って「蓮の花」を見てきた。とても美しい蓮の花がたくさん咲いていた。                                             夕方、駅裏に帰ってきて正やんは「ええ花見を、させてもろうた!」と涙ぐんだ。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

ジャックフルーツ

ジャックフルーツは、木の太い幹にぶら下がるようにたくさんの大きな果実をつけます。

和   名   : 波羅蜜 (ハラミツ)
英 語 名  : ジャックフルーツ(Jackfruit) 
タガログ語名  : ランカ  (Lngka)

Dsc01785 インド及びバングラデッシュ原産とされ熱帯各地に広く分布する。フィリッピンの田舎には庭の木としてもよく植えられている。常緑の高木で大きくなるジャックフルーツの木は、焼けつくような太陽の影の濃い木陰を作り、心地よい南国の風を感じさせてくれます。果実黄緑色楕円球の形をしており大きなものは長さ70㎝にもなり太さも直径が40㎝にまでなります。まず私の見た果物のなかでは一番大きい果実でした。ミンドロ島の市場で果物屋さんの店先に並んでいるものは40~50㎝のラグビーボールくらいのものが多いかったな。

Dsc01786 こんなでっかい果実が、木の幹の太い部分にぶら下がるように実っているさまは日本では例がない。たくさん栽培しているところのものなどの眺めは、あっちこっち大きな実がぶら下がっていてその様子はとてもユーモラスです。ここまで大きくなると枝の部分には実はつけられないから幹に直接実がなっている、枝の先では重さに耐えられないんだね。

熟してくるとゴツゴツざらざらの表皮は黄色みを帯びてきて甘い香りを放つ。ざっくりと切った果実の中は黄色 で、種を包むように玉ねぎ状に果肉がついている、その周りを太い繊維で覆っている。繊維素の間から種を包んだ果肉を取り出して食べます。種を包みこんでいるあたりの果肉は、甘く何ともたとえようのない歯ごたえで豊潤な香りに包まれている。

Dsc01789大きめのこの果実の種は塩ゆでにすると美味しいな、菱の実(ひしのみ)を食したことがある方は似た味だからおわかりかと思います。炭火で焼いても、ほっこりして結構イケますよ。

ひとつ気をつけなければいけないことがある。

ジャックフルーツ爽やかで香味豊かな美味しい南国のフルーツです。美味しいからといって、ムシャムシャパクパク思いっきり食べてはいけません。その日の夜は胃がムカムカ、そのうち猛烈な胃痛に襲われてきます。だからジャックフルーツは食べすぎに注意することです。必ず水を同量分摂取することが大切です。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

梨の神社

Dsc04576 鳥取市湖山町東五丁目にある「木乃実神社」は二十世紀梨の原木を御神体として祀っている全国的にも珍しい神社です。全国でも有名な「鳥取の梨」は県を代表する果樹産業に発展し「二十世紀梨」の収穫量は年間23,000トンにも達し日本一を誇ります。

Dsc04317_2 二十世紀梨の原種は明治21年に、千葉県松戸市で当時13歳の松戸各之助という少年により偶然発見された。明治37年に鳥取市桂見の北脇永治が苗木10本を購入して県内に普及したもので、このうち現在でも3本が親木として現存しています。

Dsc04300 皮が薄く果汁の多いこの梨は、在来のものに比べ黒斑病(こくはんびょう)に罹りやすく栽培が非常に難しかったそうです。鳥取県は黒斑病防除の研究を重ねて栽培面積を増やし日本一の二十世紀梨産地を築き上げました。

毎年夏の高校野球甲子園大会の頃になると地Dsc04313方ニュースは決まって、今年の梨の作具合はどうだとかいって大きく報じられます。中でも「糖度」がいくらいくらで非常に良い出来だ、などと関心が高まりJA各所の品評会が県民行事のようになっています。

時に、「甘い果物を食べると太る」とか、「甘い果物に改良する時代ではない」とかの声を耳にします。果物の甘さは果糖が殆んどですから、脂肪と糖類でカロリーを構成しているケーキ等とは違います。

食育啓発協議会」の発刊する冊子によれば、果物はミカン1個46㌔カロリーリンゴ半分54㌔カロリー柿1個60㌔カロリー梨半分43㌔カロリーブドウ半房59㌔カロリー桃1個40㌔カロリーだそうだ。それに対して同じ100gのショートケーキは260㌔カロリーメロンパンは383㌔カロリーなんですと。満腹の食後にたくさん食べるのは、控えるべきであるが、果物の甘さおそるるに足らずだ。

果物は抗酸化物質も多く含んでいて「甘い果物の食べ過ぎで太る」などと言うことはまずないでしょう。同協議会では「毎日くだもの200グラム運動」を推進しているそうだが、甘くて美味しくて安全な果物を、たくさん食べ健康に暮らしたいものです。

友人の栽培する「果樹園」によって見ました。いまのところ順調に生育し、豊作が期待出来そうだと言うことです。八月下旬頃から瑞々しくて美味しい二十世紀梨の収穫が始まります。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

日本一大きな池

湖山池(こやまいけ)

所 在 地 : 鳥取市
池の面積 : 6.8平方km
最大水深 : 7.5m

Dsc04553 JA鳥取駅から西へ向けて約10Km、日本海に出てきたかと思えるほどの大きな池がある。「湖」と言ってもよいのだが、池と名がついている。湖と池と沼の呼称の定義が定かでないからなのか。池の周囲は16Kmにもわたり、と名がついたものでは日本一の面積を誇る。隣接する日本海と水路でつながっている汽水湖である。春には湖面に霞がかかることから「霞湖(かすみこ)」ともよばれている。大古の昔は、日本海の一部で砂の堆積によってできた「潟湖(せきこ)」であったと推測されています。湖畔には鳥取大学のキャンパスや付属高、県立高校、スポーツ広場、自然公園などがあり、市街地からは少し離れたとても環境のよい、ちょっとした学園都市の風情があります。

428この池には湖山長者伝説」なる言い伝えがある。その昔、池の一帯は美しい田園が広がり「赤坂の長者」の所有地で田植え時期になると大勢の人を雇って田植えをしていました。ある年、日の沈むまでにすべての田植えを終えられないと思った長者は家宝の黄金の扇子「まだ沈むなまだ沈むな。」と言って夕日をあおいで追いもどし、無理やり夕暮れまでに田植えを終わらせた。翌日の朝、田植を終えた水田を見た長者は、腰を抜かさんばかりに仰天した。一夜にして美田が水を満々とたたえた湖水と化していたのです。

自然の営みを自分の都合よく操作し、神の怒りに触れた罰なのです。この言い伝えの教訓は、今の世界を象徴しているかの様に思えてなりませんな。

449中古三十六歌仙の一人で平安時代を代表する王朝歌人「泉式部」さんがふるさとの湖山池を偲んで詠んだ歌が残されている。

『 春くれば 花の都を 見てもなを 霞の里に 心をぞやる 

恋多きすぐれた歌人が、華やかな都で暮らしていても自然豊かな田舎のしっとりした情景を忘れることはなかったのですねえ。この方の有名な「和泉式部日記」は古今女流作家の最高傑作とも言われ紫式部と並び称される。今ならとりわけ日記ブログの女王と言うところかな。さらに紹介すると「紫式部日記」には和泉式部さんを評したくだりがある。「泉式部という人こそ、面白う書き交わしける」といっておられますな。

今、汚染の進む湖山池の周辺を浄化する運動が行われています。生物や自然の景観を守り、湖山池を取り巻く豊かな自然環境を回復させる事は鳥取市民の願いであり、ひいては地球温暖化防止に少しでも貢献する意思表示の大切なアクションでもあります。

471今日はとてもいい天気で、「初夏は夕暮れ、池に夕陽の沈むなど、いとをかし」い風情でありましたな。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

アボカド

和   名  ワニナシ (鰐梨)
英   名 
 アボカド (abocado)
タガログ語名
 アブガド (abugado)

Dsc01687_3 メキシコ・中央アメリカ原産で熱帯・亜熱帯で生育するクスノキ科の常緑高木。
残念ながらまだ木に実がついているところはまだ見たことがない。マンゴーの木と同様、高い所に実をつけるアボカドはどのようにして収穫しているのか興味のあるところだな。いろいろな食べ方に出会う果物でもあるな。

まず、ざっくりと縦に二つに切ると大きめのひとつ入っていて、包丁でも手を添えて抑え込むと種まで切れて二つ に割れます。熟したものは、果肉の皮に近いほうから中へむけて、緑色が薄くなってゆき、とてもきれいな薄緑色でバターの様に柔らかい皮をむいて薄めにスライスして食すのが普通ですが、それぞれ好みに応じて塩、醤油マヨネーズ、レモン、カボス(カラマンシー)などをかけて食べると美味いな。私はわさび醤油でたべることが多いな。これは非常に美味であります。

Dsc04469_3でやはり日本人の食感は微妙な味を掴むんですねえ。こんな食べ方爺さんだけかと思いきや回転すしのメニューにアボカドがあるんでビックリしましたよ。アボカドの刺身風までは想いがいたりましたがアボカド寿司まではねえ。感心しましたな、ほんとに。一皿に2個、マヨネーズをかけ海ブドウの粒をちょこっとあしらって100円。高いのか安いのか見当はつかない。

しかし南国爺さんの味覚に見事にこたえてくれますな、これは。アボカドには植物性脂肪分が多く含まれ、輸入者は非コレステロールの「森のバター」などの触れ込みで売り込みをしています。成人男子のビタミンE適正摂取量はやや大きめのアボカド一個で摂取できるんだそうだ。

Dsc01787ひとつ気をつけなければならないことがある。アボカドのを大切にしているペットの猫や犬がなめたり食べたりしないようにしなければいけませんよ。まして刻んで小鳥の餌などとして絶対に与えてはいけませんよ。
「人間以外の動物」には、非常に強い「
毒性」をもっていますからな・・。「気をつけるべし。」<a href="http://sweets.blogmura.com/">にほんブログ村 スイーツブログ</a>

| | コメント (15) | トラックバック (1)

«放棄農地のヤギ